豊多摩幼稚園 豊多摩幼稚園 豊多摩幼稚園 豊多摩幼稚園 豊多摩幼稚園
豊多摩幼稚園豊多摩幼稚園豊多摩幼稚園豊多摩幼稚園

園長の思い

 昭和6年に初代園長先生が「子どもたちの幸せを」という願いを込めて豊多摩郡という地名だったことから「豊多摩幼稚園」と命名され、創立されました。
昭和8年6月に東京府から幼稚園の認可を受け、以来90年以上、100年に向けて、幼児教育のために尽力してきております。
 平成31年1月には、顧問弁護士の先生、顧問税理士事務所の皆様方、顧問社労士さん、顧問行政書士さん、卒園生とその保護者の方々、そして教職員の皆様方のお力添えを頂きまして、学校法人となりました。
 教職員は入職が決まると、まず第一に実践してもらうことがあります。それは、豊多摩幼稚園の教育目標を正しく覚えてもらう事です。教職員には、教育目標を正しく理解し、共通の目的意識を持って子どもたちに接するように伝えています。経験豊かなベテランの先生でも、その園の理念や建学の精神を覚えていなければ、統一されていないバラバラな指導になってしまいます。
 また、園児たちとも3つの約束を交わし、毎日実行してもらっています。その内容は、入園説明会にいらした時にお話させていただきます…。
 そして最後に、皆様の大切なお子様をお預かりするのは、立派な園舎や素敵な園庭ではありません。そこにいる、先生たちです。そんな、人と人との結びつきを大切にしている幼稚園です。

go to top